ふきのとうのスタッフが日々の活動を綴ります。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月08日 (木) | Edit |
介護の仕事をしていると、どうしても担当させてもらってる方に感情移入してしまうんですよね。
プロとしては失格なんですが、どうしても自分は抜け切れなくて。

3年ほど前から担当させてもらっていた男性の方がおりまして、
それはそれは紳士 でユーモアたっぷりに話をされるかっこいい方なんです。
こんな年の取り方をしたいと憧れていたんです

その方が先日大きな病気が原因で他界してしまいました。
その連絡をもらった時はショックが大きくて、泣けないほどだったんですが、
先日、ご自宅にて最後のお別れをした時に、我慢できなくて大号泣してしまいました。
もう2度と会えないんだ、話ができないんだと思うと、耐えられなくて・・・
奥様と一緒に泣きながら、当時の話をして、懐かしみました。

奥様も気丈に振舞われており、「夫が心配するから元気にならないと。」と
前向きになろうと努力されている言葉を聞き、さらに涙

ブログを書きながらまたウルウルしてしまうので、この当たりで終了。

こんなご夫婦に出会えることができる、この仕事ってなんてすばらしいんだろう
と思った出来事でした。


2008年07月13日 (日) | Edit |
子どもの頃は気づかなかったけど、自分が父親になってはじめて気づいたことがあります。
それは、親がわが子に注ぐ無償の愛情です
確かに、イライラすることや腹が立つこともありますが、やっぱり自分の子は愛しいものですね。
自分が感じるのと同様に、自分の両親もいつも気にかけてくれています。
どんな時でも陰ながら応援してくれる両親に感謝です。

ブログをはじめて、いつかは両親のことを書こうと思っていたのですが、
そのきっかけを与えてくれた事柄が2つありました。

1つ目は、実家からほぼ毎月定期的に送られる荷物です。
その中身は、地元で取れる新鮮な魚介類なんです。

自分の実家は、福岡県北九州市(JR小倉駅からで10分程度)で、魚介類がとても美味しいところなんです。
関門海峡を渡れば、フグ(地元ではフクと言いますが。)で有名な下関。
唐戸市場といえばご存知の方も多いのではないでしょうか?
そんな新鮮な魚と飲むが最高!!
贅沢な食事に舌鼓を打ちながら、地元小倉を思い出す幸せな時間をプレゼントしてもらいました。
ほんとうにありがとうね。

タイトルを読み感動的な話を期待されていた方、ごめんなさい
明日のPart.2をご期待ください。

ほろ酔いの 村上”ぽんた”ひろでした。

2008年07月06日 (日) | Edit |
六甲おろしに颯爽と~蒼天翔ける日輪の~

そう、関西人なら皆さんご存知の、われらが阪神タイガース「六甲おろし」です。
数年前までは連敗に次ぐ連敗で、1週間に1回歌えるかどうかでしたが、
最近は本当に強くなりましたね
特に今年なんか今日現在で2位と10.5ゲーム差ですか
このまま優勝しかないでしょう
(他の球団のファンの方ごめんなさい。今年は優勝させて~!!!)

「虎キチ」と言われる熱狂的なファンは、タイガースの勝敗と気持ちの浮き沈みが直結するそうで、日常生活にも大きく影響してくるみたいですよ。半分宗教かかっているような気もしますが・・・
今日は、私の知っている「虎キチ」の一人をご紹介します。

以前の職場で知り合ったA様は、ファン歴数10年の筋金入りの阪神ファンでした。若い頃は仕事そっちのけで甲子園まで通いつめていたそうです。
そんなA様も大きな病気を患ってしまい、自分で車イスに乗り移ることができないような状態(当時要介護4でした。)になってしまいました。
そんな状態では甲子園にも行けないため、生きる気力すら無くして寝て過ごすだけの日々が続いていたようです。

そんなある日、とある方から「車イスでも甲子園に行っている人がいる」
と聞き、A様の目がキラーン(となったかどうかは知りませんが)。
「自分ももう一度甲子園に行くんだ!!」と別人のようにリハビリに取り組み出したんです
これまでは周りの家族がどれだけ頑張るように言っても聞き入れなかったのですが、阪神タイガースの力はすごいですね。
A様の今後の人生までも変えてしまったんです。
まだ実現できてはいないと風の噂で聞きましたが、リハビリの効果がでてきて随分と回復したようです
少しでも関わってきた者としては元気になってくださるのは嬉しい限りです。

A様は「甲子園に行ってタイガースを応援する」という大きな目標を見つけられたことで、生活を一変させることができました。
皆さんが熱狂的なタイガースファンな筈はないのですが、どんな方でも大なり小なりの目標は持っています。はっきりと「こんな生活がしたい。こうなりたい。」と教えてくださる方もいますが、
遠慮したり、諦めてしまって「今のままでいい・・・」とこぼされる方もいらっしゃいます。
そんな方が、はっきりと目標設定できてそのゴールに向かって進んでいけるよう、ちょっと後ろで応援できるそんな仕事ができたらいいな~と思っている今日この頃です。

皆さんも「目標や夢」に向かって頑張ってますか?
夢に向かっている人って、やっぱり輝いていますよね
がんばろうっと。

村上”ぽんた”ひろ

2008年06月26日 (木) | Edit |
今日は久しぶりにNPO法人の話題です。
NPO法人を立ち上げてから、これまでは関わることのなかった方々と話をさせてもらう機会が増えました。
過去のブログにも登場してもらいました加西市長もそのお一人ですし、今日お越しいただいたお二人も、事業を始めなければお出会いできなかったと思います。

午前中にお越し頂いたのは神戸新聞加西支局の佐藤支局長様です。
とある方が当法人の事を神戸新聞様に紹介してくださり、法人の取材に来ていただいたんです。
新聞取材なんて初めてのことですし、元々理路整然と話ができるタイプの人間ではありませんので、朝から緊張しておりました。
昨日お電話で話をさせてもらいましたので、女性であることは分かっていたのですが・・・     綺麗な方だったのでさらに緊張が・・・

法人設立の経緯や事業内容のこと、職員のこと、福祉に対する考えなどをお話させていただいたのですが、ボキャブラリーが少ないものですから、ちょっとだけ困った顔をされていました。
自分の考えを相手に正確に伝えるのって難しいですね。
佐藤支局長ごめんなさい
記事にするのは大変だと思いますが、支局長の力で上手に修正お願いしますね。

午後からは井上ちあき市議会議員(先生と言わないでとおっしゃってましたので、あえて井上様で。)がたずねてくださいました。
なんと井上様はこのブログで当法人のことを知ってくださったようです。
ブログってすごいですね
自分も井上様のブログ(加西市ポータルサイトに登録されてます。)を以前から読ませてもらってましたので、ブログを通じては知っていたのですが、まさか直接お話ができるとは。

井上様は同じ富合地区ということもあり、当法人がどのような活動をしているのかを聞きにきてくれたようです。井上様と加西市の福祉について約1時間ほど話をさせてもらいました。
市議会議員の先生方が福祉分野に関心を持ってくださり、現場の人間の話を聞いてもらえるなんて、こんな嬉しいことはありません。
何事も知ってもらうことから始まりますし、それが市議会議員であれば加西市福祉に与える影響は計り知れないと思います。
井上様ありがとうございました今後とも宜しくお願いしますし頑張ってください。

法人代表をさせてもらってから、本当に多くの方に支えられていることを実感しています。
感謝の気持ちを忘れずに、いつかみなさまに恩返しができるよう頑張っていかないといけないですね。
気持ちを新たに、再出発できた一日になりました。

村上”ぽんた”ひろ



2008年06月18日 (水) | Edit |
今日は、商品説明に来てくれたとあるK会社(カ○ジ:かなりの大手です。)の営業マンのことをご紹介。

先日の新聞折込の中に、お弁当や食材の配達をしてくれるK会社のチラシが入っていたので、参考までにと思い、連絡をしていたんです。

加西市内ではお弁当を配達してくれる所が少なく、食事が作れない高齢者の食の確保がけっこう大変だったりします。街とは違うので仕方がないのかもしれませんが、田舎に住んでるから仕方がないとは思いたくないんで、色々なところを開拓していっている最中なんです。

昨日をしていたら、早速今日の夕方に説明に来てくださいました。
しかもわざわざ大阪から。
大きな施設ならともかく、うちのような零細事業所にまで足を運んでいただけるそのフットワークの軽さにまずびっくり。さらに、商品説明の細やかさにさらに驚きでした。
本当に自分たちが作る商品を愛しているのがよくわかるプレゼンでした。
これぞプロって感じがして、ちょっとした感動を覚えました。
近いうちに一度試食してみますので、その感想をブログで紹介させていただきます。

どの世界もそうですが、プロ意識を持って仕事をするのは大切ですよね。
仕事としてやっている以上、お客様満足を追及していかないといけないと再認識させてくれた
「スーパー営業マン」でした。
今度の試食、楽しみにしてますよ

村上”ぽんた”ひろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。