ふきのとうのスタッフが日々の活動を綴ります。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年01月15日 (日) | Edit |
1月も半分が過ぎて、やっと子供たちもお正月気分が抜けてきたようです。
個人的には、年明けの3日から仕事に迫られており、半ば強制的にお正月が終了しました
ご家族は年中無休で介護をされていますので、正月も関係ないのですが・・・

今日は介護の話ではないのですが、最近ちょっとすごいな~と思ったことを記事にしてみました。

みなさまご存知かもしれませんが、我が家から冨合小学校の敷地まで徒歩30歩となんとも素晴らしい立地なんです。
チャイムが鳴ってからでも走って間に合うので、寝坊しても大丈夫
忘れ物しても休み時間に取りに帰れます。

そんな自慢話ではなく、目の前にある冨合小学校の校長先生にまつわるお話を少し・・・

小学校からほぼ毎日のようにお手紙やお知らせが届くのですが、
その中に校長先生が作られている「桃子野だより」というものがあります。
学校での出来事や先生としての思いなどが記されているのですが、その中の校長先生の文章の美しい事

硬くなく、柔らかすぎず、優しくもあるのですが、それでいて一本芯が通っている まさに「凛」とした文章なんです。
読んでいてスーッと身体に入ってきて、読んでいて穏やかな気持ちにさせてくれます。
校長先生の人柄がにじみ出ているような なんとも温かいことばつかい です。

校長先生が品のある、優しい方でして、まさに人柄と文章が一致しているんです。

こんな人にはなれないと思いますが、せめてこんな文章が書けるようになりたいな~
こんな文章がにあう大人になりたいな~ と思う今日この頃です。

自分自身が読み書きが苦手なだけに、美しい文字やきれいな文章には憧れますね。
もしよければ、みなさまが工夫されている事や努力している事などを教えてください。

”ぽんた”




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。