ふきのとうのスタッフが日々の活動を綴ります。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月27日 (土) | Edit |
実質24時間の東京滞在が終わり、帰りの新幹線から更新しています。
なかなかハードな研修内容で、頭が完全にパンクしておりますので、
支離滅裂な文章になってしまうことをご了承ください。

えーっと、権利擁護支援フォーラムの報告は後日させてもらうこととして、
今日は東京での出来事をちょっとだけご報告。

1.とにかく人が多い。

東京駅に降り立つと周りは人、人、ひと。
どこに行っても人ばかりで、着いて早々に人酔いをしてしまいました。
19歳までは政令指定都市で育った都会っ子だったはずだったのに、加西市に来て約10年。
身も心も加西人になった証拠でしょうか?

2.標準語があふれてた。

駅でもお店でも周りの会話が全部標準語で、背中がむず痒い
「標準」のはずなんですが、自分の標準にはなっていないようで、
新幹線内で聞こえてくる関西弁の小気味よい音が一番自然に聞こえてきます。


3.すっごい望遠。

東京駅新幹線フォームも人であふれていたのですが、その大半が鉄道ファンで、
新幹線の写真を撮りまくってました。
中には両手で支えるほどの望遠カメラで一心不乱に写真を撮っている方も。
何事にも熱中できることがあるってことは良いことですね。
ただ、一部の不届者が、駅員さんから怒られていましたが。
趣味を否定するつもりはないのですが、周りの迷惑にならないようにだけ考えて欲しいですね。

たった24時間ぐらいの滞在時間でしたが、いつもは感じられない体験ができました。

“ぽんた”
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。