ふきのとうのスタッフが日々の活動を綴ります。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月28日 (日) | Edit |
ちょっと報告が遅くなってしまいました。
2月21日(日)にアスティア加西3階 地域交流センターにて
第1回 NPOフェスタ が開催されました。

このNPOフェスタと言うのは、加西市にあるNPO法人(これからNPOを目指している団体)の有志が
集まり、NPOの周知、発展を目的としたイベントです。

今年は、地域交流センターAさん(このブログではちょっとした有名人ですよね。)とUさん が、
企画から調整、当日の準備、各法人へのアフターフォローまで
ほとんど行ってくださったお陰で、予想以上の集客がありました。
まだまだNPOという言葉も知らない方が多い中で、あれだけの人に来ていただいたのは
嬉しかったですね~
それもひとえに企画内容が良かったからでしょう。
Aさん、Uさん に感謝、感謝です

午前中のパネルディスカッションには、加西市を代表して、原始人会さんまちづくり北条さん が出席
されました。両法人ともに加西市だけにとどまらず、兵庫県・全国に知れ渡るほどの
活動をされており、うちの法人も大きな目標としている団体さんです。
自分もしっかり話を聞きたかったのですが、予想以上にブースのほうが忙しくなり、
十分に聞くことができませんでした。

ふきのとう紹介ブースでは、看板娘小川さん・スーパー事務員Yさん・まるりん による
車イス体験、高齢者疑似体験を行いました。
高齢者疑似体験は全くの不評だったのですが、
車イスは多くの方に体験してもらい、地域交流センター内の自動販売機やエレベーターなど、
車イスの方にとってやさしい作りになっているのかを確認してもらうといった内容です。
みなさん、ご存知ですか?
アスティアのような新しい施設でも、車イスの方が変えない自動販売機が置いてあったり、
会議室などは一人では入れない扉の構造になっていることを。
これは実際に体験してみないと分からないことですし、
何もアスティアだけに限ったことではありません。
どこのコンビニが自動ドアで、どこが開き戸になっているかご存知ですか

ちょっと視点を変えて、周りを見るだけで大きく世界が変わってきます。
そんな体験をしてみたいと思われる方は、ぜひふきのとうにご一報ください。
時間、場所、費用など できるだけご希望に沿った内容で対応いたします。

最終的には営業トークで終わってしまいますが、
まあ、楽しいイベントでしたよ。
来年度は、NPO法人が企画立案から実施まで行えるようになっていたらいいな~。

”ぽんた”
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。