ふきのとうのスタッフが日々の活動を綴ります。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年04月28日 (月) | Edit |
最近、なぜかバタバタ忙しい日々です。
そんなある日新しい利用者さんに出会うため、小野市に最近オープンしたばかりの病院に行ってきました。
話には聞いていましたが、見るもの見るもの目新しく感動したので、ぜひぜひ皆さんにもご紹介したいと思いました。

 まず、外観が病院の印象をまったく覆すもので、茶色の煉瓦づくりでスッキリです
病院左隣に特別養護老人ホームが併設しているのが、魅力的ですね高鳴る胸を押さえながら玄関を入るや、そのエントランスのゆったり感がとても心地よかったです。
何より嬉しいのが、正面入ってすぐ左手に市民の憩いの場が広くとってあり、レストランがオープンしていました。
ちょっと覗いてみたら「日替わり定食700円」と書いてありました残念ながらこの日はお仕事なので食べることはできませんでしたが、次回は必ず食べてみたいと思わせるような、とてもおいしそうな雰囲気でした。

 そんなことは、どうでもよいことですが(ふふふ)もう一つそこで感動したのが、土曜日であるにもかかわらずいつもどおり診察があり、市民の人がたくさんこられていました。土・日は休診のところが多いなかで、市民の目線での取り組みはありがたいですね。

いよいよ病室にエレベーターで上がりました。
病室が窓際に整然と並んでいる建物の真ん中にオープンスペースがあり、そこがナースステーションでした。
オープンカウンターなので、とても開かれた印象でこちらからも声掛けしやすい印象でした。
さらに、患者さんにやさしい配置としてはありがいたいのが、リハビリ室が各階ごとに配置されていて、エレベーターで移動しなくても病室から時間をかけずに、スムーズに移動できるのが嬉しいですね。

そんなこんなでこれからも、毎日の訪問先で感じたことや、感動したことなど書いていきたいと思っています。

本日のライター:のりのりさん

スポンサーサイト

2014年04月23日 (水) | Edit |
ゴールデンウィークが近づき、子供たちから遊びの計画をせっつかれている今日この頃、
みなさまは レジャーの予定は立てていらっしゃいますか?

さて、先日行われた「バリアフリー2014 in インテックス大阪」のご報告です。
このバリアフリー展というのは、車いすや介護ベッド、車いす乗車用の車などいわゆる福祉用具の
大展示会なんです。
介護ロボットなどの最新機器など、現時点で発表されている最新の用具や情報を知ることができる機会です。
何年も前から開催されていたのですが、今年初めて見に行ってきました。

まずは、来場者数の多さにびっくり!!
来場受付を済ませるまで、列に並ぶこと30分。
田舎暮らしに慣れてしまった身体には、けっこう堪えました・・・。

さらに、出店社数と規模の大きさにもびっくり!!
一流企業からエンドユーザーは知らない様な専門的な企業様まで、数えられないぐらいのブースでした。

仕事柄 福祉用具の種類や特徴はある程度 把握していたつもりでしたが、
最新情報がまったく分かっておらず、とても勉強になりました。
同じように見える歩行器や車いす、介護ベッドでも、細かい点で使用用途が違ったり、
お体の状態に合わせて選ぶ必要性を、改めて感じました。

都市部と比べて情報が入ってくるのに少し時間差がでてしまう地域ですので、
待っているのではなく、積極的に情報収集をしないといけないと感じた出来事でした。
今後は最新情報をこのブログなどで皆様にご案内できたらと思います。

”ぽんたひろ”



2014年04月16日 (水) | Edit |
後見人の仕事をはじめて3年が経過しました。
少しずつではありますが、地域の福祉関係者から 後見人として認識してもらえるようになっており、
今月になって 早くも3件目の後見相談がありました。

親族との繋がりの強い地域なので、後見制度に当てはまるような方が少ないのかなと思っていましたが、
ただ単に眠っていただけだったようです。

率先して利用すべき制度ではないのかもしれませんが、必要な方には非常に有用な制度ですので、
どうかなと迷われた時には、いつでも”ふきのとう”まで ご連絡ください。

初回相談は無料で対応いたします。

”ぽんた”ひろ

2014年04月11日 (金) | Edit |
加西市ではまだまだ馴染みのない「成年後見」の仕事を2~3年しておりますが、
最近やっと知り合いの方から、後見制度についてのご相談を頂けるようになりました。

制度自体に馴染みがありませんので、福祉職の皆様は、なんとか自分たちの力で対応しようと
ほんとうに一生懸命努力されていますが、どうしても難しくなったときにご連絡をいただくようです。

福祉職の大先輩からご連絡をもらい、最後に「助かった、頼りになる」と言ってもらった時は
とても嬉しく感じるものですね。
無料相談なので、直接収入には繋がりませんが、単純に”人の役に立てる”、”感謝してもらえる”ことの
喜びを感じられた出来事でした。

自分たちが支援の対象としている高齢者や障がい者の方々も同じだと思います。
誰かの役に立っている、役割がある ことは生きる意欲に繋がります。
それを感じてもらえるような支援をしていかないといけないと、改めて思った今日この頃でした。

ぽんたひろ


2014年04月04日 (金) | Edit |
最近は、事務所からご利用者宅を車で往復することが多く、地域を歩き回る機会が持てていませんでした。

今日は、桜を見がてら、自宅から少し離れた所に車を停めて、のんびり歩きながら訪問したのですが、
いつもは通り過ぎるだけの道に、いっぱい新たな発見がありました。

近隣の方の集い場になっているベンチや昔の道しるべ、住民だけがしっている抜け道など
歩くからこそわかる情報がいっぱいありました。

また、畑で土をいじっている方と挨拶をしたり、ちょっとした世間話をする中で、
貴重な話を教えてもらうこともできました。

地域福祉の基本は、地域巡りなのですが、その基本を再認識できた1日になりました。

”ぽんた”ひろ

2014年04月02日 (水) | Edit |
今日は昼から約4時間に渡り、顧問の先生から事業アドバイスを受けていました。

この先生は神戸大学の教授で、”ふきのとう”発足当初から事業展開や法人経営についてのアドバイスや指導を頂いている方で、困った時に必ず救いの手を出して下さる本当にありがたい方です。

現在の社会情勢や福祉制度改正を踏まえた”ふきのとう”の進むべき道を示して頂いたことで、今年1年にすべきことが明確になってきました

これから皆様に新しい”ふきのとう”を見ていただく機会がご紹介できると思いますので、その時をしばしおまちください。

”ぽんた”ひろ

2014年04月02日 (水) | Edit |
4月も2日となり、新しい年度が始まりました。

介護保険も大きく変わり、夜な夜な資料と格闘しております。
自分の中で整理をしていきながら、随時ご紹介していきますので、少々おまちください。


さらっと更新しましたが、前回から1年以上経過していました…
3日坊主にならないよう、職員交代で更新していくようにしていきました。

職員もがんばっていきますので、これからもよろしくお願いいたします。


”ぽんた”ひろ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。