ふきのとうのスタッフが日々の活動を綴ります。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月24日 (金) | Edit |
昨日、ある方のところに訪問に行ってきましたにこにこ絵文字名を入力してください

お一人でお住まいの彼女は、89歳とご高齢者なのですが
とにかくお肌はつやつやキラキラ
髪はきちんと一つに束ねられていて身だしなみにも気を使っていらっしゃいましたおはな

初対面である私にも、会うや否やにっこりにこにこと微笑んで迎えてくださりました。

お話を聞くと、
健診は年に一回受けていて、医療保険は一度も使ったことがないとおっしゃっていました!
市から感謝状が届いたほどキラキラ
一人で住まわれているので、色々とお困りのこともあるだろうと思われるのに、悔やみごとは一切ない!

実弟から、毎日安心コールがあることに喜び、
おとなりさんからの声かけやお世話になることを素直に受け入れ感謝する。
当然、先のとこへの不安はあるものの、今を大切にしてられるんだということが、会話の中でひしひしと伝わってきました。

「朝起きたとき太陽にお礼を言って一日が始まるんですよ」
と優しく、穏やかに語られる姿に、私は、
「私が理想とする方に巡り会えた」
と感じました。
こんな高齢者になりたいと、私は常に思ってきました。
実に心から暖かくなる会話ができ、私の心も満たさた思いがしました。

「お正月過ぎたころにまたぜひ来てくださるんですね」
「次回の訪問でもまたぜひ会えることを楽しみにしています」
と語り合い、見送ってくださいました。

今回は、職員をして‘訪問’という形で伺ったのですが、帰る頃には親しい人と雑談できたなぁと感じるほど私自身も楽しんで会話ができ、
この仕事をしていてよかったとつくづく思う一日でしたにこにこ桜


ますだ‘かぁさん’
(聞き取り&投稿代行:ボランティア小川





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。