ふきのとうのスタッフが日々の活動を綴ります。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月26日 (火) | Edit |
新しい事業をスタートさせたり、自分(代表理事)の住所が変わると、
NPO法人の登記内容を変更しなければいけません。

これまでは法務局に行くこともなかったですし、登記って何?って世界でしたので1から勉強です
ごくごく簡単な登記内容なんですが、まったくのド素人なんで、何度も何度も訂正が必要で3回も法務局へ足を運ぶことになりました。お盆前に申請したのが、やっと本日登記が終了しました・・・
疲れました。

最近の法務局はとても丁寧なんですよ
かなりずさんな書類だったにも関わらず、懇切丁寧に教えてくださいました。
本当にありがとうございます

ちなみに、最近の公官庁は(2箇所を除いて)職員さんが親切丁寧ですね~。
言葉遣いや対応も丁寧ですし、結構融通も利いてくれるんですよ。
よい意味でサービス業になってきましたね。
人のよいところは真似をして、皆さんに気持ちよく利用してもらいたいと思っています。

村上”ぽんた”ひろ
スポンサーサイト

2008年08月25日 (月) | Edit |
この4月からケアマネジャーの仕事を中心に活動してきましたが、この10月を目処に新しい事業をスタートさせます

その内容は、
一人暮らしの高齢者や高齢者夫婦のお宅を訪問して、話し相手になったり生活の相談を聞かせてもらったりする活動です。
足腰が弱ってくると外出もままならなくなり、閉じこもった生活になってしまいがちです。
そうなると、さらに足腰は弱くなりますし、生活の意欲も低下してしまいます。
できるだけ人の世話にならず、自分の家で生活したいと誰しもが思うことです。
それを実現してもらうために、NPO蕗の薹ができることを考えた結果、このような活動をしようと思いました。
自分たちが訪問することで、少しでも寂しさを解消してもらい張りのある生活を送ってもらえたらいいな~と思っています。
また、訪問時のご様子などを遠方にいるご家族にも報告させてもらい、ご家族にも安心してもらえたらと思っています。
大切な親御様との心の距離が少しでも縮まるよう、帰省しようかなと思ってもらえるようなご報告を心がけていきます。
*事業活動を継続させるために、有料サービスとさせてもらっています。

本来のNPO法人としての活動がやっと始められそうで、ウキウキしています
先駆的な活動ですので、数々の問題にも出くわすでしょうが、加西市の高齢者のためと思い、
めげずに頑張っていきます

事業内容についてさらに詳細を教えて欲しいといわれる方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。
みなさまのお申し込みやご紹介を心よりお待ちしております

村上”ぽんた”ひろ

2008年08月21日 (木) | Edit |
以前のブログで、助成金申請について書いていましたが、今日結果が届きました。
厳正なる審査の結果・・・

助成金を貰えることになりました

この助成金で車とパソコンを購入する予定です。
そして新しい事業の準備を整えていきますね。

いよいよ明日のブログで新事業をご紹介します。

村上”ぽんた”ひろ

2008年08月20日 (水) | Edit |
おはようございます。
今日は、昨日行なわれた「第1回NPO法人連絡会議」の報告を少しだけ。

随分前に、加西市地域交流センター(アスティア加西3階)の阿部さんに、
「他のNPOがどんな活動をしていているのか知る機会やお互いに情報交換ができる機会が欲しいな~」
と世間話をしていたのを覚えてくださっていたかは知りませんが、阿部さんが音頭を取ってくださり、昨日第1回の会議が行なわれました。
NPOに興味のある市民団体の方々も参加されており、他のNPO活動だけでなく市民団体の活動も知ることができて、大変有意義な会議でした。

市法人税の減免や行政との連携、助成金等の情報提供など、加西市がNPO法人を応援してくださっている姿勢が見えて、少し安心しています。
せっかく応援してもらっているので、蕗の薹も頑張らないといけませんね。

村上”ぽんた”ひろ

2008年08月12日 (火) | Edit |
日々雑感

誰しも、いつかは病におかされたり介護が必要な状態になる。
ならないための自分の努力は必要であろう。
だけど、どんなに気をつけていても、避けられない病や身体の変化というものがある。
そんな時どんな心構えで臨めばよいのだろう。
またそうなった時どう生きればいいのだろう。


そんなことをよく考えたりします。
いろんな考えがあると思いますが、私が大事にしたい思いを綴ってみます。

自然を美しく愛しいものと思う心を養うこと
当たり前に目にしている自然のあらゆるもの、空、山、草花のなんと美しいことでしょう。
皆それぞれ風に吹かれながら生きている。
暑かったり寒かったり、雨に打たれたり・・・。
でも、人間みたいに文句を言わない。
美しい自然よ、いつも感動をありがとう。
何歳になっても自然への感動を忘れてはいけない。
いつまでも感動できる心を養いたいものです。
何事も自分の心がけ次第。
今こう思っている自分の気持ちを忘れないようにしよう。
自分の状態を哀れんではいけない。
人と比較してはいけない。
自分は自分、心の持ち方一つで良くも悪くもなるのだから。
自分が将来、どんな状態になったとしても…。
かといっても心穏やかな時ばかりで過ごしていけるわけではない。
人間だから。
でも自分はどう生きるべきか、どんなふうに生きていきたいか、何度も何度も思ってみよう。

久々の記事担当、増田’かあさん‘が、ちょっとした日々の雑感(思い)を書いてみました。

増田‘かあさん‘

2008年08月08日 (金) | Edit |
昨日、兵庫県庁まで行ってプレゼンをしてきました。
何のプレゼンかと言うと NPOの新事業の助成金をもらうためなんです。
お金をもらうためだったら、たった30分未満のプレゼンでも県庁までいきまっせ

この福祉業界ではあまりないことなんで、すっかりやり方を忘れてしまってました
電車の中ではまったく緊張しなかったんですが、控え室に入るや否や頭が真っ白・・・
こんな調子でプレゼンできるんだろうかと焦っていました。
プレゼン会場に入ると、6人の審査官のうち数人が笑顔で会釈してくれたんです。
すごくホッとして、すぐに平常心に戻ることができました。
やはり笑顔ってすごい力を持ってますね

10分間に集約して新事業の目的などを説明したのですが、時間が足らずに知りきれトンボ。何せ、数十万円の助成金なので絶対にゲットしたかったんですが、もう少し準備をしておくんだった・・・
しっかり伝わったのか心配です。

今月末には結果が出ますので、ゲットできたらご報告します。
(傷心の時はそっとしていて下さい。)

その肝心の新事業とは・・・
乞うご期待

村上”ぽんた”ひろ

2008年08月06日 (水) | Edit |
先日、知人の紹介で海外災害援助市民センターのNGO団体を訪ねてきました
そこでの活動は、文字通り海外で今起きている災害状況を日本の皆に知ってもらえるように、被災地に赴いて状況を確認して、大学などで講演を開いたり、海外のニュースを訳してHPにアップするなど、様々です。

そのNGO団体を始めた方は、阪神淡路大震災をきっかけに何かできなかと思い立ったそうです。「困ったときはお互い様」といった考えで、今までで世界各地を回っておられました。
私が訪問したときは、中国の四川地震についての報告を見せてもらったのですが、その災害はすさまじいものでした。建物はなぎ倒され、テントで生活している人たち、学校が崩壊し、学校で勉強したくても十分な設備が整っていないためにいまだ再開できない学校など・・・


最近の中国のニュースといえば、北京五輪の話ばかりでそういった世界の状況は普段のニュースからは一向に入ってきません。日本のニュースは、エンターテイメント化が進んでおり、世界のニュースにおいても、その情報量は少なく、情報が正確に伝わってきているのかもわかりません。今回、私が見た四川地震においても、このニュースが流れたのは大分前のことで、それ以来ニュースで見た記憶はほとんどないほどです。世界には、この四川地震のほかにもミャンマーでのサイクロンにおける被害、バングラディッシュにおけるサイクロンの被害などなど、私たちが目をむけなければいけない世界の状況はたくさんあります。今まで、テレビから流れてくる情報を受けているだけだった私ですが、自分の身近ではなくても、もし私たちが災害に遭ったときは助けを求めることがあるかもしれないし、広い目を持って、世界を見る必要があるなと考えました。



‘おがわ’

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。