FC2ブログ
ふきのとうのスタッフが日々の活動を綴ります。
2018年11月10日 (土) | Edit |
12/1(土) 19:00~ 加西市別府町にあります富合会館にて ももこのタウンミーティングが開催されます!!

このタウンミーティングは、住民一人ひとりが、この地域にとって何が大切で、自分達には何ができるかを考える
大切な、それは大切なミーティングの場なんです。

そんな大切な場のコーディネートの大役を、ふきのとう村上弘幸が仰せつかりました。
どうやって我が事に感じてもらおう、どうやって地域資源を活用してもらおう、自発的な活動を促進させるにはどうしたらいいのだろうと考えてみました。
その結果が、トークセッション&グループワークでした。

当法人が地域の集い場としてサロン立ち上げを行いましたので、その場をどう活用するのか、活用して何が生み出せるのかを
ゲストスピーカーによるトークセッションで感じてもらい、その後のグループワークで体験してもらう流れです。

そしてそして、今回のゲストスピーカーが大物ぞろいです。

山川みやえ氏(大阪大学大保健専攻 准教授) 
柏木登起氏(シミンズシーズ 代表理事)
上坂智津子氏(加西市長寿介護課 課長)

保健・福祉のスペシャリスト、市民活動のスペシャリスト、加西市福祉行政のスペシャリストが揃います。

人口4.5万人程度の田舎町の更に一つの小学校区でこれだけのゲストをお迎えいたします。

富合地区の方々限定になりますが、ぜひ皆さまのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト




2014年04月16日 (水) | Edit |
後見人の仕事をはじめて3年が経過しました。
少しずつではありますが、地域の福祉関係者から 後見人として認識してもらえるようになっており、
今月になって 早くも3件目の後見相談がありました。

親族との繋がりの強い地域なので、後見制度に当てはまるような方が少ないのかなと思っていましたが、
ただ単に眠っていただけだったようです。

率先して利用すべき制度ではないのかもしれませんが、必要な方には非常に有用な制度ですので、
どうかなと迷われた時には、いつでも”ふきのとう”まで ご連絡ください。

初回相談は無料で対応いたします。

”ぽんた”ひろ

2014年04月02日 (水) | Edit |
今日は昼から約4時間に渡り、顧問の先生から事業アドバイスを受けていました。

この先生は神戸大学の教授で、”ふきのとう”発足当初から事業展開や法人経営についてのアドバイスや指導を頂いている方で、困った時に必ず救いの手を出して下さる本当にありがたい方です。

現在の社会情勢や福祉制度改正を踏まえた”ふきのとう”の進むべき道を示して頂いたことで、今年1年にすべきことが明確になってきました

これから皆様に新しい”ふきのとう”を見ていただく機会がご紹介できると思いますので、その時をしばしおまちください。

”ぽんた”ひろ

2011年10月14日 (金) | Edit |
雨が降り続いていますね~

明日から 「北条の宿はくらんかい」 が開催されます。

例年通り、ふきのとう もブース出展しておりますので、ぜひぜひのぞいてください。

今年は、ちょっと趣向を変えまして、皆様の本当の年齢を暴いてみようと思います


簡単に遊びながら 身体の健康を知ってもらえるような企画を用意しております。

記録更新された方には とーってもすばらしい商品 を用意しておりますので、 

みなさま お誘いあわせの上 手土産を持って(?) お集まりください。

ぽんた”ひろ”



2010年03月01日 (月) | Edit |
今日のBGMは「歌うたいのバラッド」です
斉藤和義さんの声とこの歌詞がいいんです!!
特に今回はレミオロメンとのコラボVers.にしてみました。

こんな心に染みるような音楽が聴きたくなる今日この頃、
みなさんはどんなジャンルの音楽を楽しまれていますか?

先日に続き、今回は「ぽんたがダンス」の内容報告です。

えーっと どこまで書いていましたかね?
ちょっと思い出してくださいね。 (→忘れた方は「ぽんたがダンス part.1をチェックしてください」)
自分も最近 ちょっとしたことが思い出せなくて…
脳ドックを本気で考えています。 またまた脱線です

今回のダンスイベントは高齢者介護施設にて、高齢者や障がい者と一緒に
ストリートダンスを楽しもうという趣旨だったように思います。
この”一緒に”っていうのが一番のポイントですよね。
でも、あんなダンスの動きをすぐにできるようになるわけないし、
ストリートダンスと高齢者や障がい者とのコラボってどんなの

自分自身が興味津々でWSを迎えたのですが、
その内容の深さにびっくり

グランドデザインはDo-itさんが行い、
インストラクター&ファシリテーターがKINさん だったのですが、
ステージ全体の構成から内容まで、全てが完璧で、ある種の感動すら覚えました。
高齢者・障がい者用ダンスも、KINさんがリハビリの専門家からアドバイスをもらいながら
考えられたそうで、「すばらしい!!」の一言です。
その証拠に、3日目のWSに参加された高齢の女性(片麻痺で車イスを使用、介護3ぐらい)が
とても楽しそうな笑顔で、麻痺している手足を一生懸命動かしながら
ダンスに参加されていたんです

これに感動しない福祉職はいないでしょ。
ほんとうにすごいことなんですから
横でサポートしながら、ちょっとウルッときてしまいました。
もちろん他の参加者も、楽しそうに踊られていましたよ

こんな素敵な企画を岐阜だけで終わりにするのはもったいないと思われるあなた。
ぜひ、ふきのとう または Do-itさん、KINさん へご一報ください。
今回と同じような、それ以上の感動を一緒に味わいませんか?

こんなブログだけでは分からないと思われる方へ朗報です。
実は3月にこのイベントを含めたTV番組が ぎふちゃんTVで放映されます。
(KINさんやキッズダンサーを中心に、練習風景から本番まで撮影クルーが張り付いていたんです。)
詳しい日程が分かりましたら、このブログでお知らせいたします。
もしかしたら ”ぽんた”も写っているかも…
(一応取材は受けたので。数秒ですが…・)

TV放映されたテープやその時の写真もいただけるそうなので、
届きましたら、このブログでアップしますね。
楽しみに待っていてください。

”ぽんた”